遺言執行者を複数人選任する際の注意点

遺言執行者をせっかく遺言書で選任しても、もし執行者候補者が遺言者より先に亡くなったら、残された家族は困ってしまいます。そうならないために、遺言執行者は1人のみではなく、2~3名を指定しておくと安心です。

では、遺言執行者を複数指定する場合、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

これは、執行者の権限を並列にするのではなく、「原則Aさん、もしAさんが亡くなっていたり病気でできないならBさん」というように、順位をつけて指定しておくことです。

もし順位をつけずに遺言執行者を複数していし、また権限の独立等のついてもあえて書かない場合には、民法の規定通り、下記のような扱いとなります。

(遺言執行者が数人ある場合の任務の執行)
第千十七条  遺言執行者が数人ある場合には、その任務の執行は、過半数で決する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

つまり、遺言執行者が複数選任されているときは、各手続きをする際に、いちいち執行者の過半数(2人なら、2人とも)が協力しなければいけないのです。これは一見問題ないようで、実務上は非常に煩雑になります。

そのため、並列にしてしまうのではなく、順位をつけて定めておくと良いでしょう。

 

こちらも是非ご覧ください。

■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です