遺言執行者は、1人のみ選任すれば良いのか

遺言書には、財産の分け方だけでなく、その遺言書を遺言書通りに実行する責任者である遺言執行者についても記載しておくべき旨は、コチラの記載のとおりです。

では、この遺言執行者は、一人選んでおけば差支えないのでしょうか。

まず、遺言執行者の人数に制限はありません。法律上は、一人でも良いですし10人いても良いわけです。

では、何人選任しておくかと言えば、1人のみではなく、2人ないしは3人程度選任しておくと安心です。なぜなら、相続が起きたとき、せっかく選任した遺言執行者が遺言を書いた方より先に亡くなっていたり(法人なら、解散していたり)、また生きていても体調が優れなかったりなどで就任が難しい可能性があるためです。遺言書に書いた執行者が就任してくれない場合には、残された家族は家庭裁判所へ申立て、新たに執行者を選んでもらう手続きをしなければならず、大変です。

そうならないために、執行者は1人のみではなく、2~3人程度を選び、遺言書に書いて置くことをお勧めします。

ただし、「AさんとBさんとCさん」を同列にしてしまうと、「誰かがやれば良い」というわけではなく、ABC3人が共同で行わなければならず、それはそれで煩雑ですので、まずAさんとし、もしAさんが既に死亡している等で執行者に就任できなければB」というように、順位をつけておくと良いでしょう。

なお、専門家に執行者を依頼した場合には、通常、報酬がかかります。この報酬欲しさか、自分の死んだあとは知らないという事か、もしくは自身は死なない自信があるのか、専門家が自身を執行者に指定する遺言書を作らせ、第2順位以降の執行者を設定しないケースもあるようですが、これではかなり不安です。

遺言書を作る際は、様々な可能性を検討したうえで、のこされた家族が困らないよう、万が一の事態にも対応できるように記載しておきましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です