遺言執行者になれない人は、どんな人か。

遺言書の内容を実現するために必要である遺言執行者。遺言書内でぜひ指定しておいてほしいことは、こちらに記載のとおりです。では、その「遺言執行者」になれないのは、どのような人でしょうか。これは、民法1009条に規定があります。

(遺言執行者の欠格事由)
第千九条  未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない。

未成年者と破産者は、遺言執行者になれないと明記されています。反対に考えれば、未成年者や破産者以外であれば、誰でも遺言執行者になれるということですね。

もちろん、何か資格が必要なわけではありませんし、推定相続人や、遺言書で財産を渡す相手でも良いです。

また、遺言書の作成サポートを依頼した専門家に執行者も併せて依頼するケースもあり、私自身も引き受けています。

遺言の執行は、財産目録の作成や各種手続きなど、慣れていないと大変なことも少なくありません。ご家族で行う場合、専門家へ依頼する場合、それぞれのメリットデメリットを踏まえた上で、慎重に検討しましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です