遺言執行者が遺言書で選任されていない場合の相続手続き。

遺言書を書く際は、遺言書を内容通りに実行する責任者である遺言執行者を選任しておくべき旨は、こちらに記載のとおりです。しかし実際には、自分で作成した自筆証書遺言のほとんどで、遺言執行者の指定が漏れています。

では、残された家族は、遺言書で遺言執行者の指定がない場合には、どのように手続きを行なえば良いのでしょうか。

まず、大前提として、遺言書に書いてある内容を実現するためには、原則として「相続人全員」か「遺言執行者」のうち、どちらかが手続きを行う必要があります。また、遺言書の内容によっては、いくら相続人全員が同意をしても、遺言執行者がいなければ手続きできない場合もあります。

いずれにしても、遺言書の中で遺言執行者が選任されていない場合には、相続人はまず家庭裁判所で、遺言執行者を選任してもらう手続きを行うのが第一歩でしょう。家庭裁判所での手続きですから、申立てをして1日2日で決まるわけではありませんし、また裁判所自体行きなれている方が稀で、残された家族に負担をかけてしまいます。

そのような事態にならたいためにも、遺言書を書く際には、必ず遺言執行者を指定し、事前の執行者候補者の承諾を得ておきましょう。

当事務所で遺言書の作成サポートを行う際は、相続が起きた後の手続きから逆算し、適切なアドバイスを致します。ぜひ、相談をご活用ください。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です