遺言執行者が、遺言を書いた人より先に死亡したらどうなるか。

遺言書には、遺言書の内容を遺言書通りに実現する責任者である、遺言執行者を記載しておくべき旨は、こちらにも記載のとおりです。

では、もしせっかく遺言書で指定した遺言執行者が、遺言書を書いた人よりも先に亡くなってしまったら、どうなるのでしょうか。

遺言者に相続が起きたとき、遺言執行者の候補者が既に死亡していた場合には、相続人が家庭裁判所で、新たに遺言執行者を選任する手続きを取ることになります。家庭裁判所は行きなれている方も少ないでしょうし、残された家族にとっては負担ですね。

また、遺言書の内容によっては執行者がいなくとも手続きできる場合もあります。ただしその場合、特に金融機関の手続きえは、相続人全員の同意が必要になることも少なくなく、協力的でない相続人がいる場合には非常に大変です。

このような事態とならないよう、遺言書で執行者を選任する際は、一人だけ指定するのではなく、もしその方が執行者になれない場合に執行者になってもらう、次の候補者まで記載しておくと良いでしょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です