認知症になってからでも、遺言書は作れるの?

高齢化が加速する現代、認知症になる方も増えています。では、認知症になっても、遺言書を作成することはできるのでしょうか。

結論は、絶対に作れないわけではありませんが、作成できる可能性は高くありません。また、無理に作成した場合にはトラブルの元になりますから、お勧めできません。

まず、そもそも遺言書とは、本人が本人の意思で作成するものです。そのため、例えば認知症の方の家族がいくら遺言書を書いてもらいたくても、本人にその気がなければ「書かせる」ことなど不可能です。

この前提を踏まえた上で、まず本当に本人の意思で遺言書を作りたいと思っているかどうかがポイントです。認知症になると一般的に、意思能力が低下します。意思能力が低下した状態で、何を書いているかわからず、どれほど重要な書類なのかさえ分からず遺言書をつくってしまうと、その遺言書は無効なわけです。

一応、認知症であっても、一時的に意識が回復することがあります。その場合に、医師2名の立会で遺言書を作成するという制度はあります。ただしすべての医師が協力的なわけではなく、また万が一後から「実は意思能力なんてなかったのに、医師のせいで遺言書を作られてしまった。どうしてくれる!」などと、トラブルに巻き込まれても困りますので、意思能力があるかどうか「微妙」な時には、なかなか協力してくれないでしょう。

遺言書は、「作れるかどうか」というよりも、その遺言書をもとに実際に手続きができなければ意味がありません。例えば認知症を患い、よくわからない状況の中で家族が遺言を書かせた場合、実際に相続が起きた後、他の相続人から「そんな遺言書は無効だ!」というトラブルになる、ということです。

このようなことを踏まえると、やはり認知症になってから問題なく遺言書を作成するのは、困難と言わざるを得ません。後悔してからでは遅いです。できるだけ早い段階から、遺言書を作成しておきましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です