自分より先に養子が死亡。養子の子は、私の相続人になりますか?

養子は、実子同様相続人になり、相続で財産をもらう権利があります。

では、養子があなたよりも先に死亡し、養子の子(あなたの孫)がいる場合、養子の子は、代襲してあなたの相続人になるのでしょうか。

子が、養子ではなく実子であれば、当然、あなたより先に子が死亡した場合、子の子(あなたの孫)は代襲して相続人になります。しかし、実は先に死亡した子が養子である場合には、状況によって代襲できるかできないかが異なるため、注意が必要です。

では、何にによって代襲できるか・できないかが異なるかと言うと、「その亡くなった養子と、養子の子が生まれた順序」です。

まず、養子縁組よりも「前」に生まれた養子の子は、代襲できず、あなたの相続人になる権利はありません。一方、養子縁組よりも「後」に生まれた養子の子は、代襲して、あなたの相続人になります。

 

養子縁組と出生の前後で、相続権の有無が異なりますので、注意しておきましょう。その上で、もし養子縁組前に生まれた養子の子に相続で財産を渡したいのであれば、あらかじめ遺言書を整備しておかれることをお勧めします。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です