自分の通帳が手元になくても、遺言書は作れるの?

遺言書には、不動産などメインの財産についてのみではなく、預貯金などすべての財産を記載することを、後のトラブル予防のためには必要です。

では、例えば妻が家計を握り、自分で自分の預金通帳を管理しておらず、その通帳を持ち出すことも難しいような場合や、介護の名目で親族が自分の預金を握ってしまっているような場合など、自分の通帳が自分の手元にはなく残高もわかならないような場合には、遺言書をつくることはできないのでしょうか。

結論を言えば、このような状態でも遺言書の作成は可能です。そもそも遺言書には、預金残高まで書く必要はありませんので、金融機関名、支店名、普通預金・定期預金などの預金の種類、口座番号の記載があれば、記載内容としては、まったく問題ありません。

とはいえ、公証役場に支払う費用の計算や、そもそも幾らあるのか判らなければ、誰にいくら渡すか決められない、という場合もあるでしょう。その場合には、各金融機関で残高証明書を発行してもらう方法があります。通常、本人が支店へ出向けはその場で書類に記載をし、本人確認の上残高証明書を発行してもらえますので、通帳を持ち出す必要はありません。

当事務所では、ご本人の望む終活ができるよう、最大限サポート致します。まずはお気軽にご相談ください。

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です