相続税の計算、生前贈与は何年前の分から持ち戻される?

相続税を減らすため、生前元気なうちに少しずつ子や孫に贈与をして、自分の財産を減らしておこうと考える人は、少なくないのではないでしょうか。

しかし、相続が起きる(=亡くなる)直前に、相続などにより財産を取得した人が、被相続人から贈与を受けた財産については、相続税の計算上、持ち戻して計算されてしまいます。

「持ち戻して計算される」というのはイメージがわきにくいかもしれませんが、相続税の計算上はその贈与自体がなかったことになる、とイメージしてもらえば良いでしょう。

なお、ここで言う「相続が起きる直前」とは、その相続開始前3年以内(死亡の日からさかのぼって3年前の日から死亡の日までの間)のことを指します。

相続税や贈与税の計算は、わかりづらいことも多く、勘違いしたまま実行してしまうと大きな損害を被る事にもなりかねません。税理士等の専門家に相談しながら、慎重に進められることをお勧めします。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。

yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です