特別養子縁組と、普通養子縁組の相続における違いとは。

「養子」と一口に言っても、ふたつの種類があります。それは、「特別養子縁組」と、「普通養子縁組」です。では、相続において、これらはどう異なるのでしょうか。

まず、特別養子縁組とは、おおむね6歳以下の幼い時期に何らかの理由で両親が子を養育できない場合に、他家の子として育ててもらうために、養子にはいる制度です。特別養子縁組の場合、子は自分が「養子」だと認識していないことも少なくありません。この場合には、実父母は戸籍謄本に記載されず、養子である旨も、条文番号で記載されるのみで、「養子」という直接的な表現の記載はされません。そのため、実父母からの相続は受けられず、養親からの相続のみを受けられることになります。

一方、一般的に「養子」といえばこちらのを指す事が多いのですが、普通養子縁組。こちらの場合は、戸籍謄本にもしっかりと実父母の記載もされますし、実父母との関係が終わってしまうわけではありません。普通養子縁組の場合には、「実父母」「養親」の4人が「親」ということになるわけです。そのため、普通養子縁組の場合には、養親からの相続権があることはもちろん、実父母からの相続権も、残る事になります。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です