字が書けなくても、遺言書は作れるの?

遺言書は、例えば手に力が入らないなど、文字が書けない場合でも作成することができるのでしょうか。

これは、遺言書の種類によります。

まず、自筆証書遺言は、自分で書くこと自体が要件ですから、文字が書けない状態で作成することはできません。代筆やビデオメッセージ等では作成は不可能です。

一方、公正証書遺言であれば、文字が書けなくても作成できます。公正証書遺言は本人が意思を口述し、それを公証人が清書して作成するため、本人は原則として文字を書く必要はありません。

なお、実務上は、我々専門家があらかじめご本人の希望を伺ったうえで、パソコンで案文を作成し、ご本人にご本人の意図とずれていないかご確認いただき、問題なければ作成当日、すでに公証人がパソコンで作成した遺言書を用意してくれます。その上で、本当にこの内容で本人の意思とずれていないか確認がされ、問題がなければそこで作成が完了します。

なお、通常は作成した遺言書原本に本人が署名捺印しますが、難しい場合には公証人が代筆しますので、これも問題ありません。

字が書けないからといって、遺言書の作成をあきらめないようにしましょう。まずはお気軽にご相談ください。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です