嫁に行った娘は、相続人になる?

相続の対策を講じる際や実際に相続手続きを行う際には、まず「誰が相続人になるのか」を正確に把握しておく必要があります。では、他家に嫁いだ娘は、相続人になるのでしょうか。

結論は、結婚をして苗字が変わったとしても子であることには変わりありませんから、他家に嫁いだとしても、相続人になります。また、その際主張できる取り分は、現在の法律では、家を継ぐ長男と何ら違いはありません。

そのため、特に「主な財産は自宅のみ」という場合、嫁いだ長女が家を継ぐ長男に「自分にも半分は権利があるのだから、半分はください」と言われしまうと、非常に困った事態になります。

嫁に行った娘にも相続は関係ありますから、財産を残す立場として、きちんと公正証書遺言できちんと配分を決めておきましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

士業間の連携は、相続のサポートをしている事務所ではある種当然と言えますが、当センターではお客様のお困りごとを信頼できるメンバーで総合的に解決するため、弁護士や税理士、司法書士等各専門士業のほか、家屋の解体や骨董品鑑定、遺品整理、不動産業者等各分野の専門家と連携しております。お困りの際は、ぜひご相談ください。
なお、各サポートはご依頼前に必ずお見積りを提示いたしますので、ご安心ください。

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です