入院していても、遺言書は作れるの?

遺言書を作成するときは、自筆証書遺言より、公正証書遺言の方が圧倒的に安心なのは、ここでも再三お伝えしている通りです。

しかし、公正証書遺言をつくるためには、原則として公証役場まで出向かなくてはなりません。では、入院いていて病院からの外出が難しい場合、公正証書で遺言書を作る事はできないのでしょうか。

結論は、公証役場へ出向くことが困難であっても、公証人に出張してもらうことで、遺言書の作成は可能です。ただし、基本報酬が上乗せされるほか、公証人の日当と、交通費の実費が追加でかかります。

仮に、公証役場へ出向いた場合の公証人手数料が、基本手数料46,000円と、遺言加算11,000円(計57,000円)だった場合、同じ内容の遺言書作成のために出張してもらうと、かかる手数料は

  • 基本手数料 46,000円+46,000円×50%=69,000円
  • 遺言加算 11,000円
  • 日当 10,000円(4時間を超えると20,000円)
  • 公証役場から出張先までの交通費実費

で、計90,000円+交通費実費 となります。

一時的にお金はかかりますが、将来、残された家族の安心の為、ぜひ公正証書遺言の活用を検討しましょう。

 

こちらも是非ご覧ください。
■ご相続発生後の手続きサポート■
■遺言書作成サポート■
■相続発生後の除籍や原戸籍の収集代行■

無料相談のご予約や、ご依頼に関するお問い合わせは、TEL:0586-64-9500(平日・土日9:00~20:00)もしくは下記フォームよりご連絡ください。


※原則、48時間以内に返信致します。返信のない場合にはメールフォームの不具合の可能性がありますので、申し訳ございませんが上記電話番号もしくはyamada@nagomig.comまでご連絡をお願いいたします。

※恐れ入りますが、ご依頼いただいた方へのサポートに注力するため、メールやお電話のみでの無料相談はお受けしておりません。お電話での無料相談をご希望の方は、各自治体の窓口へご連絡されることをお勧めします。yamada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です